HOME>イチオシ情報>髄膜腫の原因と髄膜腫ができた場所による症状の違い

髄膜腫の原因

髄膜腫の原因ははっきりわかっていませんが、女性ホルモンや放射線治療による染色体の異常が関係あるのではないかと言われています。

髄膜腫の症状

  • 小さい腫瘍の場合、ほとんど無症状で気づかない
  • 腫瘍が大きくなると脳が圧迫され頭痛を感じることがある
  • 特に朝起きてすぐに吐き気や嘔吐の症状が現れる
  • 前頭部にできると痙攣をおこすことがある
  • 腫瘍が大きくなると認知症のような症状が出ることがある
  • 腫瘍が大きくなると歩行障害を引き起こすことがある
  • 頭頂部にできると手や足が麻痺することがある
  • 大脳鎌や矢状洞付近にできると両足の麻痺や痙攣が起こることがある
  • 視神経が圧迫され視力障害や視野障害を引き起こすことがある
  • 後頭部にできた時は顔面の知覚障害や顔面麻痺の症状が出ることがある

専門の医療機関の利用

医者

髄膜腫はかなり大きな疾患と言えます。簡単には完治をしない疾患なので罹患をしていることが判明した場合、大きなショックを受けることになるでしょう。専門の医療機関を受診して治療を行なうということが一般的です。専門の医療機関も限られてくるので、探すことが大変になってくることがあります。住んでいるエリアの医療機関を受診して、その上で紹介状を受け取ることも多いです。専門の医療機関が限られているということもあるので、治療を受けることが出来る医療機関の選択肢がないということもあります。そのため、限られている医療機関の中で患者に合う治療法を提案してくれる医師に出会うことが必要となってきます。医師によっても提案する治療法が異なることがあります。

初期の対応

レントゲン

髄膜腫に罹患をしているかもしれないという不安を抱えるのは精神的にもつらいものがあります。初期症状はどんなものがあるのか、ということをウェブサイトでチェックをしてみるのもよいかもしれません。それが早期発見につながります。

広告募集中