血糖値を下げための食事方法

血糖値を下げる方法として効果的なのは、毎日の食事において糖質を制限して食物繊維を積極的に摂取することです。

血糖値を下げてくれる食材ランキング

no.1

酢酸の働きで脂肪の分解を助けるお酢

お酢に含まれる酢酸は脂肪の分解を助けるほか、運動した時と同じような現象が体内で起こります。

no.2

血糖値をコントロールする玉ねぎ

玉ねぎに含まれるイソアリアインという成分は、インスリンの働きを助け血糖値をコントロールします。

no.3

糖の吸収を遅らせるマイタケ

マイタケには食物繊維が豊富で、トウの吸収を送らせ血糖値が上昇するのを防ぐ作用があります。

no.4

血糖値だけでなく美容にも良いアボカド

アボカドに含まれる不飽和脂肪酸は、トウの欠陥への流れを遅くして血糖値が上昇するのを防ぎます。

no.5

血糖上昇抑制効果が高い納豆

納豆には血糖値の上昇を抑制するペクチンやグルコマンナン、グアーガムが豊富に含まれています。

医者と看護師

血糖値スパイクに注意しよう

健康診断などで血糖値が正常値よりも高いと診断が下った場合には、早急に生活習慣を見直して基準値に戻す必要があります。ただ実際に血糖値を下げる行動をする際に、注意してほしいことが血糖値スパイクと呼ばれる現象です。血糖値スパイクというのは血糖値を下げる方法をすることによって、血糖値が急激に上がった後に時間を置かずに急激に下がる状態です。これは血糖値が高い人はコントロールするインスリンの分泌に狂いが生じているので、血糖値を下げる行動をすると一気にバランスが崩れてしまうのが原因になります。この状態になると吐き気や頭痛そして倦怠感が起きてしまい、最悪の場合気絶してしまう恐れがあるため運転などの作業をしていると危険です。この状態にならないためにも血糖値を下げる方法を実行後に頭痛や吐き気が起きたら、すぐに安静にできる場所を探して落ち着くまで待ちます。そして検査機を使って、常に数値を確認することも大事です。

血管を守ることが血糖値を下げる目的

血糖値というのは、血液中に含まれている糖分の量のことです。糖分自体はエネルギー源なので体にとって必須の栄養素なのですが、過剰な状態が常に残り続けると高血糖状態になります。この状態になると余分な血統を害するものと認知した体が、次々と抗体を分泌することによって臓器や血管を攻撃してしまうのです。その末期状態が糖尿病などの生活習慣病でありであり、一度でも発症すると2度と元に戻らなくなります。そのため血糖値を下げる方法を実践することで、完全に破綻する前に現状を維持することが重要です。この血糖値を下げる方法としては、やはり食事療法と運動療法が欠かせないといえます。

長方形バナー2

正方形バナー1

TOPテキストリンク1

TOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストPr_linkテキストリンク1

TOPテキストリンク2

TOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストPr_linkテキストリンク2

TOPテキストリンク3

TOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストPr_linkテキストリンク3

TOPテキストリンク4

TOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストPr_linkテキストリンク4

TOPテキストリンク5

TOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストPr_linkテキストリンク5

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中